ヨガインストラクター養成講師が教える、あなたの太ももが太い理由と改善できる簡単な方法。

大阪のTTCの内容を元に動画を作ってみました。

▼あなたの太ももが太い理由と改善できる簡単な方法(YouTube)

 

YouTubeは、これまで、

「こんなこと公開しちゃっていいの!?」

というテクニックを大盤振る舞いでアップしてました。

限定公開も合わせて100本以上。おかげさまで、1500名ぐらいチャンネル登録してもらってます。

 

でも、画質も適当、編集も適当、構図も適当、YouTubeのクオリティからすると、下の下です。(今回の動画は、ちょびっとYouTubeクオリティに寄せてみました)

それでも動画を見て、日本全国から、海外から飛行機でビューンとレッスン受けにやってくるんです。

これは全てに共通することですが、「〇〇できたら〇〇やろう」とかっていうのは、本当に結果が出ない。なぜなら行動しないから。

「ヨガポーズできるようになったら、先生として活動しよう!」なんてもってのほか。

そういう理由で学ぼうとしている学びって、本当に役に立たない。タンスの肥やし。しかも埃かぶってる状態に結果的になるから。もしかして、200とか500時間とか学んで、すでにそんな状態に陥っているのでは?

 

たとえば、

良いカメラ買ったら動画を上げよう。良い編集ソフトを買ったら動画をUPしよう。良いカメラマンに出会えたら、撮影を依頼しよう。お金ができたら始めよう。

と思って、かれこれ何年経ちましたか?それで今何やってますか?

インストラクター養成講座受けたら、難しいポーズができたら、アシュタンガのプライマリーが終わったら、ヨガのポーズが完璧にできたら、、、

 

と思って、かれこれ何年経ちましたか?それで今何やってますか?

こういう風に自分で条件付けて、自分で達成していない状況にして今やらなくて良い理由にして、、、、やらないと、、、

自分自身が学びに費やしたお金も時間も労力も無駄になります。

「全ては無駄じゃない」って?

 

いや無駄です。少なくとも現時点では。

 

唯一、無駄にならない人は、趣味で習った人と苦行のために習った人だけです。

 

そうでないなら、今すぐ始めましょう。

 

足ることをを知りなさい。サントーシャ(知足)とは、ヨーガ・スートラ(経典)の中にあるアシュターンガ・ヨーガ(八支則)の内のニヤマ(勧戒)でしたよね?

それは、

「今あるもので十分満足だと知り、今この瞬間が、既に満たされているということを自覚して、感謝しましょう。」というスローガンではありません。

もう、あなたが学んだソレで十分だから、実践せよってことです。

サントーシャとは、「いいからやれ!」です。

あんな立派な、有名な、知識経験ともに豊富な、すごい先生から学んだんです。ソレで十分。もうそれで「いいからやれ!」

さぁ、分かったかなぁ〜?今すぐ、始めよう♪

最新情報をチェックしよう!