ヨガのり!

ヨガポーズの上達に役立つ情報をお届けするウェブサイト

パドマ・アーサナのやり方。蓮華座、ヨガポーズのコツ解説!

約 2 分

パドマ・アーサナ、アルダ・パドマーサナのやり方

蓮華座、半蓮華座のコツをお伝えします。

①引き寄せた脚を、膝を曲げて横に下ろします。

 

②同側の手で足首を持ちます。

 

③反対の足首をまっすぐにしますが、これを手でやります。

足首が曲がっていないか確認しましょう!

コツは足の力を抜いて手でモノを持つかのように足を扱う事です。

 

④足をカラダに引き寄せます。

背骨をまっすぐにしながらやりましょう

⑤脚を下ろすときは、足首を内側から回し上げるようにしましょう。

これでアルダ・パドマーサナ(半蓮華座)の完成です。

 

⑥反対側の足を、外側に回すように倒し、膝小僧が横を向くようにしましょう。

 

⑦膝を曲げながら、脚を開いてカラダに引き寄せます。

 

⑧同側の足首を、すくい上げるように持ちます。

 

⑨反対側の手で足首をまっすぐにしてつま先を伸ばします。

脚の力を抜いて、手でやりましょう

⑩足をカラダに引き寄せます。

 

⑪脚を下ろすときは、足首を内側から回し上げるようにしましょう。

足首からつま先までを【足】股関節から足首までを【脚】と使い分けています。

 

 

以上です。

上記の説明と若干異なりますが、動画でも確認してみてください!

パドマ・アーサナのヨガポーズのコツ!

アシュタンガヨガプライマリーシリーズの非常識な攻略法

アシュタンガヨガプライマリーシリーズの非常識な攻略法

いまなら7つの動画・音声・PDF特典をプレゼント

1.硬すぎるからからの卒業!1日3分で股関節が柔らかくなるトレーニング

2.挫折しやすいポーズができるようになる方法。マリーチ・アーサナCとDのヨガポーズのコツ!

3.あなたの自宅プラクティスをサポートするSHINGOによる音声ガイダンス〜スーリヤナマスカーラA・B(15分)編〜

4.身体の使い方を変える為の意識のシフトランジのポーズからハンドスタンドへ〜力の働きを学ぶ〜
 
5.きつい・辛い・苦手のヨガポーズが簡単になる3つのコツ。プールヴォッターナ・アーサナ(上向きの板のポーズ)
 
6.SHINOGオリジナル講師養成講座で使用している、YB-Ex式アシュタンガアーサナ分類法のPDF
 
7.累計13,056回ダウンロードされた呼吸と動きの順番が分かるヴィンヤサ表PDF(1&2シリーズ)

Profile/プロフィール

SHINGO
ヨガボディ・クリエイター:SHINGO(慎悟)
1987年2月生まれ。ヨガ歴9年、指導歴7年。東京・神奈川で活動中。

自身のプラクティスは、アシュタンガヨガの3rdシリーズまで。メイクアップの専門学校を卒業後、ヨガインストラクターになる。また、フィットネスクラブでジムトレーナーの経験を持つ。その後、ヨガスタジオを北鎌倉にオープン。スピリチュアルの世界にも足を踏み入れるも、現在、巡り廻ってフィジカルな美のサポートをしている。