アーサナ解説

腕の回し方をマスターしよう! ヨガポーズのコツ解説!

腕の回し方をマスターしよう!

そうするとこれらができるようになる!

 

これらはすべて、同じ腕の回し方をしています。

先ず、肩を内側に回して、肩甲骨を開くようにする。

肩関節の内旋と肩甲骨の外転です。

次に、胸を張りながら、肩甲骨を背骨に寄せて(内転)からヒジを曲げます。

ポイントはヒジを最後の段階まで曲げないということです。

後は、これを力を抜いてやるだけです。

最後に、完全に腕が背中の方に回ったら、関節の動きを逆にします。

ポーズに入る時と、完成形だとカラダの使い方が変わってきます。

腕の回し方

イメージはこんな感じです。アジャストするときもこんな感じです。

関節を決めていきます。

それでは、最後に解説動画をどうぞ!

腕の回し方をマスターする。バッダ・パドマ・アーサナ。ヨガポーズのコツ!

ABOUT ME
SHINGO
ヨガボディ・クリエイター:SHINGO(慎悟) 1987年2月生まれ。ヨガ歴11年、指導歴9年。東京で活動中。 自身のプラクティスは、アシュタンガヨガの3rdシリーズまで。メイクアップの専門学校を卒業後、ヨガインストラクターになる。また、フィットネスクラブでジムトレーナーの経験を持つ。現在、ヨガやエクササイズの指導者養成講座を行う。東京・世田谷「Studio BHOGA」のオーナー。指導者養成教師教室「YogaBody Experience」主宰。
アシュタンガヨガプライマリーシリーズの非常識な攻略法