ヨガのり!

ヨガポーズの上達に役立つ情報をお届けするウェブサイト

前屈の為の心得~おじぎ(前置き編)~

約 5 分

■おじぎについての目次
・日本人がおじぎに込めた意味
・おじぎ初心者がやりがちなこと
・日本式おじぎとは
・おじぎと神道の叉手(さしゅ)
・日本式おじぎと別物編
・ビジネスマナーのおじぎと日本式おじぎ
・おじぎの際の目線
・目の使い方のあれこれ
・おじぎのまとめ

 

これから、前屈についてのお話をするにあたって、おじぎについて触れようと思います。

おじぎは前置きなんですが、長いです(笑)

 

では、どうぞ!

 

日本人がおじぎに込めた意味

1.敵意がないことを示す。

頭を下げ自分の首を差し出すこと動作から相手に命を差し出すという意味になったそう。

つまり欧米の握手と同じような自分には敵意がないという意味につながるようです。

2.敬意。あいさつ。謝罪。

日本人のおじぎは角度によって意味の度合いが変わります。

15度は会釈。30度は敬礼。60度は最敬礼。90度は天皇などもっとも身分の高い人に対して行われるようです。

きっと90度以上は過剰で嫌味になったり、おふざけや挑発とした、効果の逆転が始まるのではないでしょうか。

度が過ぎることは、何事も悪くなるんですね。

おじぎ初心者のやりがちなこと

1.頭だけ動く。

にわとりのように頭を動かすような挨拶です。ちーっす!みたいな感じですね。15度ぐらいを目標にお辞儀しようとするときにしがちです。

2.背骨でおじぎする。

背中を丸めながらします。意識は30度ぐらいを目標にセットして、親戚のおじさんに挨拶する子供がやりそうなかんじです。

3.相手を見続けながらお辞儀する。

最後まで相手を見るんですね。外国人がやりがちなお辞儀です。相手の目を見る文化なのでしょうか。

日本式おじぎとは

日本のお辞儀は小笠原流礼法が正しいものという説が多いようです。

手の位置は体の少し前。手は決して合わせないようです。

かなり前傾姿勢です。かかとの上にお尻がある状態でおじぎするのはなかなか大変です。

小笠原流おじぎ

 

 

ニッポン人よ!これがおじぎだ!

 

ベイマックス

おじぎと神道の叉手(さしゅ)

おじぎと神道の叉手は違う作法で別ものらしいです。

でも、日本式おじぎ(小笠原流礼法)と神道のおじぎは、ほぼ同じなんだそうです。

↓おじぎではない

叉手神道の直立

これが神道のお辞儀で、小笠原流とほぼ一緒ですね。重心が小笠原流と違うように思います。かかとのうしろにお尻がきてます。かかと真上はおへそでしょうか。

神道の礼日本式おじぎと別物編

手が異なります。

合掌(がっしょう)・・・手のひらを合わせます。

クリステル

拱手(きょうしゅ)・・・握りこぶしを反対の手で制止、包むようなカタチ。男性は左手で右手を隠す。女性は右手で左手を隠す。

ジャッキーチェン

亜流のコンス?

あるある探検隊

おじぎ?もしてますね。

コンス・・・おへそのまえで手を重ねる。男性は左手が上。女性は右手が上。ペコプインサ(韓国式おじぎ)

ビジネスコンス

他にも韓国のおじぎ(チョル)は3つあるようです。

ピョンチョル(平常時のおじぎ)
チュンジョル(中級のおじぎ)
クンジョル(最上級のおじぎ)

 ビジネスマナーのおじぎと日本式おじぎ

どうやら腹を立てている人がいるビジネスマナーでの手の位置。

どうみても、コンスであって日本式ではなく韓国式だ!といって啓蒙活動されてる方もいらっしゃるようです。

うわめづかいのおじぎ

 

問題となっているのが、手の位置(肘の張り方)なんですね。

 

おじぎの際の目線

日本人が外国人に対して違和感を感じるお辞儀は、手の位置と目の位置なんだ思います。

うわめづかいのおじぎ

おじぎ外国人

相手を見たまま、おじぎした写真をどうぞ

かんのめ

日本式おじぎ(小笠原流礼法)も神道のおじぎも今上天皇も伏し目がちです。

 

今上天皇

目の使い方のあれこれ

上目遣い・・・照れや引け目などから直接顔を合わせるのがはばかられるときに取られる。うつむき気味。
睨む・・・厳しい目つきでじっと見る。鋭い目つきで見る。
ガン(眼)を飛ばす・・・相手を威圧的な目で見る行為。
伏し目・・・視線を下の方に向けること。うつむき加減の姿勢。
薄目・・・まぶたを少し開けて見ること。また、少し開けた目。細目。
見下す・・・下の方を見る。見おろす。こばかにする。見さげる。
流し目・・・顔を向けずに、ひとみだけを横に動かして見ること。よこめ。
見開く・・・目を大きくあける。驚いたさま。
寄り目・・・左右のひとみが内側に寄っていること。
僻目(ひがめ)・・・両眼の瞳の方向が異なる目。やぶにらみ。
眇(すが)める・・・片目を細くする。片目を細くして見る。
片瞬き・・・片目のまばたき 。ウィンク。
目配せ・・・目を動かして、意思を伝えたり合図をしたりすること。めくわせ。
顔の位置、目の位置、目の開閉度合いで印象が変ってきますね。上目遣いのつもりが睨まれたと思われることもあるかもしれません。
ウィンクのつもりがコンタクトレンズの位置がずれたと思われるかもしれませんね!

おじぎのまとめ

どうやら、おじぎという動作には【手の位置】と【おじぎの角度】がそして【目線】が大事なようです。

おじぎを決める三要素とでも申しましょうか。

みなさま、色んなカタチに意味を付けて区別するようなったようです。

国や時代、人種によっても意味はかわるものですから、自分がすることには、しっかり自分なりの意味を持って行いたいものですね。

ぺこり

 

アシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガ完全攻略!呼吸と動きの順番が分かる無料PDF

このファイルには以下のPDFが含まれています。
1.スリヤナマスカーラA&B
2.スタンディングシークエンス
3.ハーフプライマリー(前半)
4.フルプライマリー(後半)
5.セカンド(前半)
6.セカンド(後半)
7.フィニッシングシークエンス

アシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガ完全攻略!呼吸と動きの順番が分かる無料PDF

Profile/プロフィール

SHINGO

ヨガボディ・クリエイター:SHINGO(慎悟)

1987年2月生まれ。ヨガ歴9年、指導歴7年。東京・神奈川で活動中。


自身のプラクティスは、アシュタンガヨガの3rdシリーズまで。メイクアップの専門学校を卒業後、ヨガインストラクターになる。また、フィットネスクラブでジムトレーナーの経験を持つ。その後、ヨガスタジオを北鎌倉にオープン。スピリチュアルの世界にも足を踏み入れるも、現在、巡り廻ってフィジカルな美のサポートをしている。